ASTとALTが異常値のときにすること

ASTとALTが異常値のときにすること

ASTとALTが異常値のときにすること

健康診断や人間ドックの血液検査によって、ASTとALTの数値を調べることができます。検査結果が出て、もし異常値にが出てしまったら、改善していく必要があります。

 

数値が高いときは肝臓障害の疑いがあるため、まずは詳しい検査を受けてください。消化器科が専門の診察科です。診断結果を伝えたのち、詳しい検査にうつります。

 

ASTとALTが異常値のときにすること

 

腹部のCTスキャンや超音波検査、腹腔鏡検査、肝生検査などを行い、具体的に調べていきます。そこで病気が判明した場合には、病気に応じた治療法が必要になります。

 

ほとんどの場合が薬物療法によって治療を行います。数週間分の薬が処方され、定期的に経過をみていくことになります。

 

また、薬物療法に併せて、食事療法などを取り入れることになります。薬を服用していても生活習慣が乱れていると意味を成しません。

 

医師や看護師から詳しく指導されると思いますが、食事ではバランスのいい食事に加え有用な栄養成分を摂ること、お酒は禁酒をすすめられます。

 

運動療法を取り入れる場合もあり、とくに脂肪肝の場合は脂肪を取り除くために運動が必要になります。過酷な運動ではなく、適度な運動です。

 

ASTとALTが異常値のときにすること

 

ちなみに薬物療法については、西洋薬の他に漢方薬も選択肢になります。医師に相談することで漢方薬を使用することも可能です。

【厳選!】サプリメントランキング

肝臓病

牡蠣のチカラαの特徴

牡蠣の栄養素を年中通して手軽に補えるサプリメント。 牡蠣のチカラαは、肝臓が気になってきた人にほどおすすめの処方になっています。 タウリンが豊富な牡蠣エキス。亜鉛やビタミンも含み、総合的に健康をサポート。 さらに、+αとして、マカや高麗人参を贅沢に配合しています。 これらの健康素材を一度にまとめて摂れる画期的なサプリメントになっています。

価格 980円
評価 評価5
備考 特別価格
牡蠣のチカラαの口コミ

クチコミ@
毎日飲んでいます。このサプリのおかげか、最近体の調子が良くなったように感じます。
クチコミA
高麗人参などはクセがありますが、ソフトカプセルで飲みやすく気に入っています。

肝臓病

レバリズム-Lの特徴

肝臓の健康や数値が気になる人に選ばれている実力派サプリメント。 レバリズム-Lでは、牡蠣やしじみ、スクワレンと贅沢に話題の健康素材をブレンドしています。 どれもこれも肝臓の健康をサポートする素材になっています。 天然由来のタウリンやオルニチンなどの有効成分が効率よく肝臓にアプローチします。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 キャンペーン価格
レバリズム-Lの口コミ

クチコミ@
若い頃に比べ悪酔いや二日酔いが増え、肝臓の状態も気になっていましたが、これを飲み始めてからというもの飲み会の翌日に違いを感じました。ウコンを飲んでいたときより調子がいいです。
クチコミA
利用価値のあるサプリメントに出会えました。酒好きでよく飲んでいますが、今のところ肝臓の数値は正常値を維持できています。

肝臓病

しじみ習慣の特徴

昔から肝臓や二日酔いに良いと言われてきたしじみのサプリメント。 テレビコマーシャルでも有名なしじみ習慣は、良質なしじみを厳選使用しています。 豊富なアミノ酸や肝臓に良いオルニチン、疲労回復に効くトリプトファンなどが配合されています。 今なら、通常購入価格3,980円が、お試しサンプル無料です。

価格 0円
評価 評価0
備考 お試しサンプル
しじみ習慣の口コミ

クチコミ@
まるでお酒を飲んだ次の日にしじみ汁を飲んだようなスッキリ感があります。お酒を飲まない日も体の調子がいつもより良いような気がするので毎日服用しています。
クチコミA
飲酒量の調整とサプリメントの併用によって、数値の改善が見られました。