ASTとALTの数値が高いとどうなる?

ASTとALTの数値が高いとどうなる?

ASTとALTの数値が高いとどうなる?

ASTとALTは厳密には全くの別物ですが、どちらもアミノ酸の生成に関わる酵素で、体のいたるところに分布しています。

 

心臓や肝臓、骨格筋、腎臓、肝細胞などに存在する物質です。ASTとALTの数値は、血液検査で分かります。

 

つまり、組織内にあるはずのこれらの酵素が血液に漏れだしている量を測定することになり、その量が多いほど、肝臓などでトラブルが起きている可能性が高くなります。

 

ASTとALTの数値が高い=肝臓の病気のリスクが高い

という状態です。

 

ASTとALTの数値が共に高い場合には、肝臓で何らかのトラブルが起きているかもしれません。

 

肝炎や肝硬変、脂肪肝、肝がんなどの病気のリスクが疑われます。肝臓は沈黙の臓器と言われ、トラブルが起きても自覚症状が出ないため、これらの数値が肝臓の状態の判断材料になります。

 

また、ASTは肝臓以外にも心臓や骨格筋、腎臓に多く存在するため、心筋梗塞や多発性筋炎、筋ジストロフィーなどの病気の疑いがあります。

 

溶血性貧血の疑いもあり、動悸や息切れ、めまいなどの症状があらわれます。

 

ASTとALTは厳密には異なるため、これらの数値の違いからも、病気が絞られます。

 

ALTの方が高い場合

脂肪肝や慢性肝炎の疑い

ASTが高い高い場合

肝硬変や肝がん、心筋梗塞、筋ジストロフィーの疑い

 

いずれにせよ早期発見、早期治療が肝心な病気ですので、そのまま放置せずに専門医のもと治療を始めてください。

【厳選!】サプリメントランキング