ASTとALTの高い数値の治療法とは?

ASTとALTの高い数値の治療法とは?

ASTとALTの高い数値の治療法とは?

血液検査を含む健康診断や人間ドックを受けると、ASTとALTの数値を調べることができます。それぞれの数値は正常値を維持することが重要です。

 

ASTは8〜30ALTは4〜45正常値とされています。上の数値をボーダーサインに大幅に超えているとき肝臓などの病気の疑いが浮上します。

 

やや高めでも改善することが重要とされています。

 

もしも、ASTとALTの数値が異常値の場合には治療を行います。とはいえ、状態によっては特別な治療法は必要ありません。ときに薬物療法を行うことがありますが、

 

基本的には食事療法と運動療法を組み合わせた方法が指導されます。

 

食生活がASTとALTの数値を高くするひとつの原因であるため、食事療法は必須になります。

 

食事療法

ASTとALTの高い数値の治療法とは?

規則正しい食生活を送ることがポイントになります。高カロリーのものや食べ過ぎは厳禁です。野菜を中心にバランスのいい食事に、肝臓の健康に良い栄養素を取り入れていきます。

 

また、お酒の嗜み方も重要です。数値が高いときには禁酒をすすめられます。肝臓はアルコールの分解を担っているため、お酒を飲むほど肝臓に大きな負担をかけます。

 

肝臓はトラブルが起きても自覚症状に乏しいので数値を把握し、改善していくことが重要です。

 

運動療法

ASTとALTの高い数値の治療法とは?

適度に運動をする習慣があると代謝機能が高くなるため、細胞が活性化し肝機能にも良い影響を与えます。とくに肥満や脂肪肝の場合には、その脂肪を落とすために運動が必須になります。

【厳選!】サプリメントランキング