ASTとALT数値を高めるお酒(アルコール)の影響力

ASTとALT数値を高めるお酒(アルコール)の影響力

ASTとALT数値を高めるお酒(アルコール)の影響力

ASTとALTは酵素の一種でアミノ酸の生成に関わっています。どちらも体のいたるところに分布していますが、共通するのが肝臓です。

 

そのため、ASTとALTの数値は、肝臓の状態を調べるための診断材料になります。

 

肝臓の機能を低下させ、ASTとALTにも影響を及ぼすのは生活習慣が原因とされています。その生活習慣の中でも、やはり飲酒の習慣が影響力が高いとされています。

 

皆さんご存知の通り、肝臓とアルコールは密接な関係があります。飲酒によって摂取したアルコールは、肝臓内で分解される仕組みになっています。

 

しかしお酒を飲み過ぎると、その分解作業が追い付かなくなり、肝臓は悲鳴をあげてしまいます。

 

続くほどに、アルコールが溜まり、それが脂肪肝につながってしまいます。脂肪肝は高カロリーの食生活や肥満も影響しますが、アルコールも影響を及ぼしまます。

 

さらに悪化していくと、アルコール性肝炎を発症します。

 

脂肪肝を改善できず進行したアルコール性肝炎は、腹痛や発熱、黄疸といった諸症状があらわれます。結果、死に至ることもある恐ろしい病です。

 

これもまた放置していると、最終的にアルコール性肝臓病を起こします。

 

上記の病気に比べても深刻な状態であり、肝硬変などに進行し、重篤化していきます。

 

肝臓はトラブルが起きていてもなかなか自覚症状があらわれません。早期発見のためにも定期的にASTとALTの数値を把握しておくことが大切です。

 

また、禁酒や食生活の見直しなど、生活習慣の改善が推奨されます。

【厳選!】サプリメントランキング