AST・ALTの数値を知るには

AST・ALTの数値を知るには

AST・ALTの数値を知るには

会社で健康診断を受けている人は、AST・ALTも検査結果で分かるかと思います。

 

健康診断は自費で受けることもできます。人間ドックでも行われるので、定期的に検査を受けるようにしましょう。

 

ASTとALTの数値に関しては、血液検査で調べることができます。これらの数値は肝臓の状態を把握するために重要になります。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われ、何らかのトラブルが起きても、なかなか自覚症状が出ません。そのため、早期発見、健康維持のためにも、肝臓の数値を知っておく必要があります。

 

AST・ALTの数値を知るには

 

血液検査では、採血した血液を遠心分離機にかけます。血清と血球に分けられ、血清部分を分析器によってASTとALTそれぞれを検出する流れになっています。

 

※ASTは血液中に含まれていることから、採血時の状況によって数値が若干高くなることがあります。また、激しい運動をした後は高くなりやすいです。

 

正常なら、ASTとALTはさまざまな臓器・組織に存在するため、血液中に漏れだすことがほぼありません。

 

もしも、数値が高いということは、各組織に異常が起きているサインになります。

 

さてここで、基準値を見ていきましょう。

AST=8〜30
ALT=4〜45

上のラインを上回る場合には、数値が高い状態で、病気の恐れがあります。

 

正常値であれば、とくに問題はありませんが、今後、数値が高くならないように気を付けてください。

【厳選!】サプリメントランキング